funnystory club

ベッキーが嫌い!引退の可能性の理由とは!?川谷絵音の怖い嫁の逆襲そして妊娠中?

001

好感度No1のベッキーが不倫騒動でとうとう引退の噂が浮上
してきたのだ、さらにこの騒動で“ベッキーが嫌い”との人も
続出して来たのだ、好感度No1のベッキーがなぜ?嫌いなのかの
理由を探ってみます。さらに川谷絵音の嫁に妊娠中の噂もある。
噂によると嫁は怖いとの噂もあるので真相を探っていきます。

Sponsored Links

ベッキー業界では嫌われ者ってマジ!?

好感度No1のベッキーだが実は業界では結構な嫌われ者だったようだ。
その実態はこれだ!

Check

・いい人アピールうざい
・あざとい
・裏表がある
・足が美脚と自覚しているところ
・常に元気なのが羨ましいから
・動物好きアピールがウザいと思う
・自分は可愛いって自覚してそうで嫌いになった
・常に元気アピール、ポジティブアピール
・自分は可愛いって自覚してそうで嫌い
・自分が1番正しいという押しつけがある

簡単にまとめると、
「私って、可愛くて明るく元気な女の子」???

すでに30才も過ぎているので、このキャラはウザイと
思う視聴者も多いかもしれません。

さらに芸能人からもウザイと言われていました。
芸能界のご意見番マツコデラックスも

ベッキーに対して
“マツコデラックスさんはベッキーさんのことを
「嫌いではないけど相容れない」と公言
「スタードラフト会議」で共演した際のエピソード
ベッキーはマツコに言った「仲良くやりましょうよ!」
マツコは激怒した。「あんたって本当、汚い女ね!」

番組収録直前の楽屋裏でのベッキーさんは
「仲良くやりましょうよ!」の言葉とは真逆の態度をとっていたそうです。
「さっきまでは私が蹴られていたのよ」と暴露し、その場を騒然とさせた”

さらに
・ブラックマヨネーズの小杉竜一がマジ切れ
・東野幸治もその正義感、ちょっとやめてほしいな」と、苦言を呈した。

などなど、ネットで検索すると多数出てきます。
嫌われていたのは、表と裏が激しいのが原因だったようです。

Sponsored Links

ベッキー引退の危機!

不倫騒動で心身共ボロボロになったベッキーがとうとう1ヶ月の休業宣言をした。
しかし、1ヶ月休業すれば事態は収まるのか?

休業が終われば、またマスコミからの報道攻めになる事は確実です。
それほど、不倫とは、罪が大きいのです。たぶんベッキーは、不倫の

罪の大きさが解っていなかったのでしょう。このまま業界から消えて
しまい引退になるのか?実はこれが、「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音の

妻の本当の狙いだったようです。雑誌社と組んで「ライン」の暴露などは妻と雑誌社の
仕掛けた罠だったのです。その罠とは?

当初ベッキーの記者会見では
「友達です」と答えていましたが、

この時点で雑誌側は例の「ラブラブ ライン」を入手していたのです。
雑誌側は、この記者会見での「友達です」発言で勝ったと思ったでしょう。

なぜなら?
「友達です」発言が嘘だというのが確証出来て、本当はこんなにラブラブだよ
とスクープ出来たのですから。スクープ=雑誌の売り上げが増ですからね。

その後第二、第三の「ライン」が流出しています。そのたびに雑誌が売れる。
今回の「ベッキー騒動」は完全に雑誌のおどろされているのが顕著に現れています。

川谷絵音の嫁の妊娠中?

一応現在の妻との馴れ初めは、1つのバンド「indigo la end」で活動しています。
その indigo la endがインディーズで活動していた2011年頃に、後に嫁さんとなる
彼女と知り合いました。
enn1601091530009-p2

彼女は、バンドの裏方としていつも支えてくれる立場で、売れない時期の
川谷絵音を支えていたのです。そんな妻を裏切ったので妻の怒り最高潮になったのでしょう。

しかし、妊娠中の噂も浮上してきていますが
その真相は?

これは、どうやらガセネタだったようですが、妻の怒りは収まりません。
ベッキーを実家に招いたり、ラインのラブラブメールなど、妻的には

旦那を潰すよりベッキー潰しに行ったのでしょう。そして雑誌社と組んで
ベッキー潰し行ったと思われます。

女性を怒らすと怖いですね。肝に銘じます。

Sponsored Links

【こちらの記事もチェック】
Check小泉今日子は若い時からぼろぼろの肌が最近きれいになった理由とは!?
Checkジャニーズの女帝メリー喜多川は老害なの!?現在の姿画像にマジ!?
Check増田貴久の彼女はやっぱり一般人なの!?
Check工藤静香の劣化が止まらない!木村拓哉との子供は!?
Check西野カナが本名を語らない本当の理由が判明!?

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top